高品質の木造建築を
低コストで施工するために
Truss Technology

 北米で生まれ65年の歴史を持つ「ネイルプレートトラスを用いた小屋組工法」は、わが国でも枠組壁工法の普及に伴い、発展してきました。ネイルプレートトラスの持つ優れた特徴を生かすことで、建築の合理化、環境問題への配慮、住環境のニーズへの対応など、これからの住宅建築業界に求められる様々な問題に対応する事が可能です。ネイルプレートトラスは住宅を中心とした木造建築の合理化に寄与していくものとして期待されています。
 日本木質トラス協議会(JWTC)は、ネイルプレートを用いた木質トラスの健全な普及・啓蒙を目的として、技術開発研究を活動の主な骨子として設立されました。